GW蓼科合宿 宴会&復路編

5/7・8 蓼科合宿 宴会?と復路の記録です。

相模原市民たてしな自然の村 スタッフブログ に我々が紹介されました。
素敵なスタッフさんが写真を撮ってくれた上、チーム紹介までしてくれたことに感謝です。
IMG_1462.JPG

自然の村の紹介の食事は 夕食1,340円、朝食570円 と安くて美味しいです。
食堂のビールは中瓶1本520円。すぐに5本空けてしまいました。

国産牛サーロイン鉄板焼き
IMG_1456.JPG

蓼科牛すき焼き鍋
IMG_1458.JPG

旬の天ぷら
IMG_1459.JPG

朝食(洋食)
IMG_1461.JPG

往路200Km走って、復路も170Kmあるというのに部屋飲みが始まりました。
風呂場で手洗いしたジャージを一晩で乾かす方法など、合宿ならではの情報交換でお酒がすすみます。
 (乾いたバスタオルで巻き、ふんづけて水分を取ってから干す。)
結局、350ml缶6缶、赤ワイン1本、日本酒4合瓶1本半が空いてしまいました。

IMG_1460.JPG

翌朝、写真撮影を済ませた後、8時に出発。
帰りのルートと走行記録はこちら。

.komさんはここでお別れ、金沢に向かわれました。
そして、いよいよyukoさんの登場です。

澄んだ朝の空気と、雲ひとつ無い青空。
蓼科高原の景色を楽しみながら白樺湖までおりて記念撮影。

IMG_1463.JPG
IMG_1465.JPG

順調に下り、台ヶ原宿まではあっという間。
金精軒の和菓子と白州の名水をいただき、さらに先を急ぎます。IMG_1470.JPG
IMG_1469.JPG

甲府市内の山梨県立美術館まで来たところで、yukoさんとはお別れ。
車で迎えに来てくれた素敵な旦那様と甲府デートを楽しまれたようです。

残った3人は、市内の「すきや」でさっさと昼めしを済ませ、夏のような暑さの中、笹子トンネルを目指します。
奇跡的にトンネルでは大型車に全く追い越されませんでした。
と喜んだのもつかの間、トンネルを抜けると向い風がキツイ。
ここでまた頑張ってくれたのが ゆいパパさん。梁川付近まで鬼のような引きでした。
富士国際ヒルクライムにもエントリーしている ゆいパパさん。
良い仕上がりのようですので、期待していますよ!
ヘトヘトになりながらも、4時半頃には橋本に到着し流れ解散となり、無事に合宿は終了しました。

計画段階では本当に中山道ルートで大丈夫だろうか心配でしたが、脚の揃った3人にサポートが付くことで何とかなりました。
ご覧下さっている方々のご参考になれば幸いです。

最後に、たてしな自然の村は素晴らしい施設です。
どんどん利用して、存続要望の声を上げていきましょう!

by Tatsuya

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437812686

この記事へのトラックバック